防災セット

9月1日は防災の日ということで、私が働く丸の内でも、消防車が広場に乗り入れて防災訓練をしてる風景を何箇所で目にしました。

「これは震度6です。」

というアナウンスとともにぐらぐらとゆれるトラックの荷台のような中で人が右往左往していました。

ただ、臨場感はなくて、はたらから見ていても、ちょっとしたお祭り気分。とても本番に備えての訓練とは程遠いなぁと思ってしまいましたが。

でも台風10号で孤立している岩手県の岩泉町や宮古市、久滋市のニュースを聞くと、とても人事で済ませられませんよね。
ただ、防災グッズを用意するにもいろいろあって何を備えたらいいのか、どれがいいのか考えるだけで気分が重くなったりも。
そんななかでこれはいいですね。
エアーマットとか簡易トイレとか、「3日間生きるための防災セット」がなぜ必要なのかが私でも納得しました。

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です