タックスヘイブン

パナマにあるそうです。
ニュースとか新聞紙上で最近よく話題になってますが、調度聴いていたラジオでもこの話題を扱っていました。

・税率がやたらと低い、或いは無税

・秘匿性が高い

特に秘匿性の部分が特徴のようです。
一見違法性が高い感じに聞こえますが、そうではなく、こういった特徴を悪用する一部の輩がいるというものだそうです。

こういったシステムというか抜け道を利用できるのは一部の富裕層だけ。
おそらくですが、システム利用にあたって仲介する金融機関や関連サービス企業が存在すると思われます。
自国で支払うよりも格安の税金で済ませるわけで、そのためにある程度の手数料を払っても元話とれるというわけですね。

これを聞いていてふと思い出したのが借入金の過払い請求です。

過払い請求は自力での手続きや貸金業者との交渉も可能ですが、それには専門知識も時間も必要です。
それくらいなら手数料を払って専門の弁護士や司法書士事務所にお願いしたほうがいいということですね。

いつも読んでいただき感謝ですヽ(´ー`)ノ
初めての方も感謝~~~
応援ぽちヨロシクです~(笑)

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へにほんブログ村ヾ(>▽<)
生き方 ブログランキングへ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です